オーストラリアの小学校

シラミ駆除方法(コンディショナー、駆除剤)

しらみ イラスト

突然やってくる頭じらみ。シラミは英語でHead lice(ヘッドライスNits(ニッツ)ですがオーストラリアではよく流行る時期があって普通のスーパーにもシラミ駆除用のシャンプーが売られています。低学年の時に2回どこかでシラミをもらってきて駆除したんですが大変でした。

1.シラミをコンディショナーで駆除する方法

シラミ取り用くしシラミは専用のシャンプーを使ってもいいですが家にあるコンディショナー(リンス)で駆除できます。
コンディショナーをたっぷり髪の毛全体(濡らさずそのまま)になじませタオルで髪の毛を巻きます。(1時間~)これでシラミが身動きできなくなり窒息死します。タオルの代わりにうちは水泳帽を被らせました。その後専用のコームで髪を小分けにしながら頭皮から毛先まで梳いていくと窒息死したシラミがとれていきます。これでほとんどのシラミがとれます。櫛はプラスティック製より写真のような金属製の方が櫛の部分が大きく頑丈で使いやすいのでお勧めです。

コンディショナーは安い物でいいのでたっぷり使ったほうがいいよ
【ニットピッカー】

2.シラミの卵

残念ながらシラミが産みつけたはこの方法では全ては取れません。
卵はセメントのような強いのり髪の毛にしっかりくっついており指でもなかなか取れない為シラミが卵からかえるのを待ってからまた退治します。2日おきにまたコンディショナーをたっぷりつける方法で成虫になったシラミを窒息死させます。4回位はこの過程が必要です。

成虫になるまで待てなかったので毛抜きで卵をつぶす方法もあるよ
フケと卵の見分け方はシラミの卵は細長くて指でも簡単に取れないけど、フケは手でもすぐ取れる

3.シラミを市販の駆除剤で駆除する方法

シラミ用シャンプー

使い方はコンディショナーのやり方とほぼ同じですが駆除剤のほうは卵も駆除できるシャンプーも売っています。写真のシャンプーだと7日置きに同じ事を繰り返すよう説明に書かれています。スーパーや薬局に売っていますが125mlで$20位です。(卵は駆除できないシャンプーが多いので説明書を見てくださいね)

4.うつるとどうなる?

シラミは人の髪の毛の中で血を吸いながら生きていく寄生虫です。成虫の寿命は約一ヶ月、生命力が強く1日に産む卵の数は3~9個。(7日で孵化し、すぐに血を吸い始め1日たつとメスは産卵が可能になります)子供が頭がかゆーいと言って掻き毟っている時はとくに耳の裏側辺りを中心にチェックして下さい。懐中電灯や直射日光に当たる所でチェックすると見つけやすいです。

5.学校に連絡/感染経路

シラミが見つかったら学校に連絡しましょう。学校からクラスみんなに髪の毛のチェックをするよう連絡の手紙が配られます。
特に低学年の間はお友達と頭を寄せてあそんだりするのでシラミをもらって来る確立が高くシラミ関係の手紙もよくもらうので日頃からチェックした方がいいです。
帽子をお友達と共有しないなども注意したほうがいいですね。

シラミは水の中でも浮きながら移動できるので水泳中も帽子を被ってレッスンを受けよう。

6.寝具、リネン

シラミは頭を離れても2日間生き延びる事ができるので枕カバー、シーツ類、タオルも毎日洗う必要があります。シラミは水の中でもプカプカ浮いて生き抜くことが出来る為60度以上のお湯につけておくか乾燥機を利用するのもいいですね。家族間でもタオルも共有しないように気をつけた方がいいです。

大変すぎる

7.まとめ

初めてシラミを貰ってきた時は薬局で進められる通り駆除剤を買いました。2回目は駆除剤は強すぎるかなと思い、以前オージーママさんに教えてもらったコンディショナー駆除方法で試してもうまくいきました。
専用シャンプーは少し高いけど手っ取り早く卵も成虫も全部駆除したい人には市販の駆除剤、少し節約したい、敏感肌持ちの人はコンディショナー方法で駆除する事もできるのでお勧めです。