英語児童書おすすめ

キンドルペーパーホワイト

kindle

子供が5年以上キンドルを使用してみてのレビューをまとめます。小学一年生の時に購入したのですが今ではなくてはならない物になりました。キンドルにはkindle 、ペーパーホワイト、オアシスの3種類あり一番評判のいいペーパーホワイトを買ったのですが大満足です。

キンドル種類

Kindle Paperwhite Oasis
容量  4GB 8GB / 32GB 8GB / 32GB
サイズ 6インチ 6インチ 7インチ
解像度 167ppi 300ppi 300ppi
防水
フロントライト LED 4個 LED5個 LED25個

 

キンドルのメリット

kindle paper white
  • 何千冊もの本がはいる。(今現在200冊入ってます)
  • 分からない単語を長押しすると辞書Wikipediaが出てきてすぐに意味を調べることが出来る
  • 親のアカウントを使っているので1冊買うと同時にみんな同じ本を読める
  • 本の値段安いのが多い
  • 4万冊以上ある著作権切れの本が無料で手に入る
  • 本をダウンロードしてすぐ読める
  • 旅行先にも持っていける
  • 充電持ちがいい
  • 暗いところでも読める
  • ブルーライトなしで目にやさしい。
  • 野外でも画面が反射する事なく読める

キンドルのデメリット

  • 文字をタイプする時の反応が悪い(文字をタイプする時は本を購入するときに本を探す時のみですが)
  • 本の表紙が白黒

WiFiあり?なし?

本を自宅でダウンロードし外出中は読書するのみなのでwifiのみで大丈夫です。

子供にもおすすめタブレット

  • ブルーライトを使わず 紙の本に限りなく近いe-inkを使用
  • 視力が悪くならない(子供たちは一日3〜4時間キンドルを使って本を読む事もありますが視力は悪くなっていません)
  • 動作が遅いため他のタブレットのようにゲームができない(本を読むのに集中できる)

kindleとペーパーホワイト迷いましたが、kindleの方は解像度が167ppiの為、文字の表示にギザギザ感があるという事だったのでペーパーホワイトに決めました。

長く使いたかったので目が疲れない方を選んだよ

まとめ

子供に買い与える始めのタブレットとしてキンドルペーパーホワイトはおすすめです!自分専用の始めてのタブレットという事で子供の気分も盛り上がるし、Kindle Unlimited読み放題を契約しているので気に入った本を自分達でダウンロードして毎日利用しています。